ダイス🎲ブログ

【レビュー】死にゲー『隻狼』 頼りになるのは自分の腕のみ

先日、友達から薦められて買った『隻狼』を一周目クリアしたので感想を書こうと思います!

f:id:Dice_715:20191025124544j:image

自分は、難易度が高いゲーム(死にゲー)をやったことがなく、死にゲーデビューが『隻狼』でした。アクションゲームのプレイ歴としては、『モンハンワールド』・『ニーアオートマタ』・『スパイダーマン』くらいです。
 

結論から言うと、

大大大満足でした!!!!!! 
 

ちなみに、ラスボスに1時間半かかりました笑

・高難易度 × 救済措置なし! プレイヤースキル頼りのゲーム

このゲームの最大の特徴が、レベル上げや武器の威力強化などの救済措置があまり無いところだと思います。それらが無いので、「トライandエラーで敵の行動パターンを覚えて倒す」という自分の力で戦い抜くゲームになっています。

「敵を倒したくば何度も挑め」という運営の声が聞こえてくる感じがしました笑

自分は、RPGのレベル上げが面倒くさいと思うタイプなので、このシステムが肌に合ってました。

・防御こそ最大の攻撃である戦闘システム

なんといってもジャストガードの「弾き」が気持ちいい!!!

意外と判定が甘く、1週目はL1連打でもクリア出来ました笑

あの火花が散るエフェクトと音は、よく作られてるなぁと思いました。

・個性豊かなボス戦

このゲームの魅力は、なんといってもボス戦!!!

各ステージに中ボスと本ボスが配置されていて、本ボスは本当に強くやりがいがあるボスばかりです。挑む度に、行動パターンや確定隙などが分かり、負けたとしても「またやりたい」と思えるほど楽しめました。

不思議なことに、段々と挑み続ける度に、そのボスに愛着が湧いてくるんですよね笑
 

また、ボス戦の近くにセーブポイントがあるため、死んだ後もすぐ再戦出来るところも良かったです!

・悪かった点

自分が残念だなと思った点は1点だけ。

ターゲットが頻繁に外れることです!

お蝶の素早い上下移動や、太刀足の壁際攻撃でターゲットが外れてしまい、焦って死んだ時はイラつきました…。。。

・最後に

久しぶりにリアルでガッツポーズが出たほど、ボスを倒したとき気持ちいいです!!

バリバリのアクションゲームがしたい人に、とてもオススメな一本です!

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。