【レビュー】『DEATH STRANDING』(ネタバレなし)  今まで体験したことない楽しさ

こんばんは!!

ついに『DEATH STRANDING』(デススト)が発売されましたね!!!

前々から注目され続けてきた作品なほどあって、大盛り上がりでした!

 

ということで、まだ4時間ほどしかやってないですが、今の時点でのレビューをしていこうと思います。

ちなみに、難易度はノーマルでやっています。

f:id:Dice_715:20191108184706j:plain

・全体的な感想

系統としては、『Detroit: Become Human』や、『ライフイズストレンジ』などと同じで  ”体験する映画”、”映画を動かす”  という感じです。

ムービーが多く4時間中、半分程はムービーだったと思います。

これが先行レビューの評価が分かれた一つの理由かな、と思いました。

ムービーがやっと終わったと思ったら、またムービーが始まります。

しかし、そのムービーのクオリティがとても高いので、つまらないなんて事はなく、見入ってしまいました。

キャラクターも実在する俳優・女優を元にしているので、本物の映画みたいです。

 

では、詳しく書いていきます。

・グラフィック・ムービー

どちらも、とても素晴らしいです。

グラフィック面では、岩のゴツゴツ感、海・川の表現など、どれも良いんですが特に印象に残ったのはでした。

まるで、現実の滝を見ているかのような迫力でした。

わざわざルートを外れて探検したくなるほど、景色がきれいです。

 

ムービーは、まるで映画のような映像に加え、コントローラーの振動があるので没入感がすごいです。

特に、”BT”に襲われそうになる場面では、”BT”の足跡が着くたびに振動が来るので恐怖感が倍増します…。

・本作の最大の目的「移動」について

本作で重要視されているのは、アクションやステルス でなく「移動」です。

 

正直、プレイ前は

「ジップラインとかバイクとか手に入れるまでは歩きだけで、つまらないかなー」

と思っていたのですが、実際やってみると徒歩でも楽しい!!

平坦な道はほとんど存在せず、デコボコ道や、山ばかりで、真っ直ぐなルートを進むということが難しいです。

マップに目的地までの道筋を表示させることが出来るのですが、この道筋は最短な直線なのでそれ通りには進めません。

そのため、迂回したりジグザグなルートを考えたりする必要があります。

また、サムが体勢を崩す頻度が多く、許容量ギリギリで荷物を積んでいる時は気が抜けません

 

さらに、梯子を掛けたりロープを引いたりと、徒歩以外の選択肢もあるので目的地までのルートを考えるのが結構楽しいです。

これにバイクやジップラインが追加されるのを考えると、ワクワクします!!

 

移動が楽しいゲームと言われると、真っ先に浮かぶのが『スパイダーマン』と『グラビティデイズ』ですが、それらとは全く違う移動の楽しさがあります。

移動の爽快感や、現実では出来ない移動ではなく、純粋な現実的の移動に楽しさを感じられます。

 

『DEATH STRANDING』は、自分の中の「オープンワールドの移動は面倒くさく、退屈」という考えを壊してくれるゲームでした。

・ストーリー

ストーリーに関しては、まだ序盤なので判断しにくいですが、場面がコロコロ変わったり、専門用語や固有名詞がたくさん出てきたりするので、集中して見ないと置いていかれます。

特に、家系の説明がほぼ無かったので「ん?」ってなりました。

 

そのうち、攻略サイトなどで専門用語の解説が出るかな?

・ステルスについて

ノーマルでやっているので、ハードは分からないですが、割と簡単かなと思いました。

ちなみに、2回”BT”の座礁地点を通過しました。

 

止まるか、R1のサーチを行うと”BT”の位置が分かります。

移動するとき息を止め、息が限界になるか ”BT”の位置が気になったときに止まる。の繰り返しです。

ステルスをしているときの雰囲気はものすごく怖いので、恐怖感はめちゃくちゃあります。

  

まだ捕まっていないので、”BT”にバレる要素はまだ分かっていません。

”BT”に触れるか、”BT”の近くで息や物音を立てるとかかな?

・「ストランド・システム」

オンラインでつながる「ストランド・システム」。

 

これがとても良いです!

梯子やロープ、落とし物が共有できることはもちろん、マップ上に看板を立てられる機能が面白かったです。

ニコちゃんマークや、お疲れ様のマーク、ここ危険の看板など、種類豊富で看板を見つけに散歩するのも楽しいです。

 

また、誰かが「いいね」を送ると通知が来て、うれしい気持ちになります笑

 

姿が見えるオンラインとは違い、新鮮で面白いなぁと思いました。

・まとめ

最初に書いた通り、”体験する映画”のようなゲームです。

 

アクションパートはまだやっていないです笑

 

まだまだ序盤なので、中盤・終盤とどんなストーリー、マップ、機能が出てくるのかワクワクします!

再来週は試験期間なので、勉強しながらゆっくりと進めていこうかなと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。