ダイス🎲ブログ

なぜクリスマスにチキンを食べるの?

こんばんは~!

ヲタ活やゲームのために土日共、身を粉にして働いております…。

もうすぐということで、どんどん忙しくなってきていてキツイです。

自分が働いている飲食店でもチキンを販売していて、これがめちゃくちゃ売れるんですよね! 昼はもちろん、夕方でもストックを作っても作っても無くなってしまい、ずっとチキンを揚げています(笑)
 

そこでふと疑問が。

「なんでクリスマスはチキンを食べるの⁉」

ということで、少し調べてきました~。

f:id:Dice_715:20191222201942p:plain

そもそも、クリスマス=鶏肉はなぜ?

「クリスマス=鶏肉」のイメージは、アメリカやヨーロッパでイエス・キリストの誕生日12/25に七面鳥を食べてお祝いをする風習から来ています。

では、なぜ七面鳥なのか。

これは、ヨーロッパ人発祥でした。

元々、豚肉や牛肉をご馳走としていましたが、ヨーロッパ人がアメリカを開拓した際、アメリカでは家畜を飼うことが難しい環境だったため、サイズが大きくみんなで分け合える七面鳥を代わりに食べていたことから始まったらしいです。

日本では、クリスマス=チキンの理由。

これは予想外でした!

みなさん、クリスマス定番のお店といえば何を思い浮かべますか?

そうです、ケンタッキーです!(まぁ、人によって違いますが笑)

もともと、日本では七面鳥は中々取れません。

そこで、1970年代に日本に来たアメリカ人が、ケンタッキーに訪れ「日本では七面鳥がないからケンタッキーで祝う!」と言ったらしく、そこに目をつけたケンタッキーの経営者が「クリスマスといえばケンタッキーフライドチキン!」と宣伝し始め、このイメージが広がっていきました。

また、他にもアメリカ人が「サンタクロースの格好をしてフライドチキンを届けてくれ」と頼んだことから経営者が閃いたという説もあります。

参考サイト:https://michill.jp/author/column/5004

https://matome.naver.jp/odai/2138751909132517301

 
まさかの、企業によるイメージ戦略だったんですね~!

コカ・コーラのサンタさんみたいな感じですね。

 
ということで、今回は以上です。

もうシフト入るたびに大量のチキンを見ているので、チキンを見るだけで胸焼けしそうです(笑)

24日のバイト頑張ります!

 
 
読んでくださりありがとうございます!

ランキングに参加しています!良ければクリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。