『FINAL FANTASY Ⅶ REMIKE』 体験版レビュー “ただのアクションゲーじゃない ”

こんばんは~!

本日3月2日より、FF7Rの体験版が配信開始されました~。
早速プレイしクリアしてきたので、その感想です!

 

まずは一言言わせてください。

神ゲーです。

グラフィックはもちろん、戦闘システム、BGMなどすべてが自分好みでした!!
発売延期で少しガッカリしていたのですが体験版を遊び、「この水準で最後まで行くための延期だったのなら、延期してくれてありがとうございました」と見事な手のひら返し(笑)
ますます発売が楽しみになりました!!

では、細かく書いていきます。

 

グラフィック

文句なしの綺麗さ。
普通のPS4のグラフィックでコレなら、PS4Proの場合ではもっと凄いでしょうね。

特に建築物のグラフィックは化け物級です(笑)
キャラ操作中の建物グラフィックはもちろん、ムービー中がヤバい。
オープニングでカメラが引いていき、街全体が映し出されるシーンでは鳥肌が立ちました。

キャラのグラフィックもとても良く、作り込み度の高さを感じました。
キャラの画像(?)が公式で発表になった際、肌の質感がリアルすぎて少し荒れたのを思い出しました(笑)
自分としてはそこまで気にならないですが…。

 

戦闘システム

一番驚いたのが戦闘システムです。

雑魚敵戦は□ボタン連打で凄く気持ちいい。
たまにガードしたり、アビリティを使ったり、無双系のアクション並みにノンストレスでいけます。

しかし、ボス戦はそう簡単にはいきませんでした。
□ボタン連打では太刀打ち出来ず、適所でアビリティ使用・回復をキャラチェンジしながら戦っていきます
敵の弱点属性魔法を使用させたり、敵のダウン中に操作を切り替えながら二人同時にアビリティを使用したり、体力が多い方を操作し、少ない方向けにポーションを使用したりと、ただのアクションゲームではありませんでした。

ここでこのゲームは「アクションっぽいが、根本はコマンド式ゲーム」なんだなと思いました。

CPUに操作を任せるとただの攻撃しかしないため、操作キャラを次々変えながら敵を倒すための最善手を実行していく。

最近は『隻狼』『ブラッドボーン』『仁王2』と、一人操作で強敵と戦う系のゲームばかりやっていたので、新鮮で楽しかったです!

 

不満点

不満点を挙げるとしたら「カメラワーク」
敵ロック時のカメラが少し悪かったです…。

・手前に障害物が来てしまい、何が起きてるか分からない。
・ロックしているボスが飛んで移動したあと、ボスが画面の中心に来ず、ボスが何をしているのか分からない。
など。

設定で弄れるらしいので、改善できるかな?
まぁ、慣れれば気にならないようになると思います(笑)

 

ということで、感想は以上になります。

来月の発売が本当に楽しみになりました!
今回で、戦闘システムが好きなものだということが分かりました。
これで購入は確定ですね(笑)

オリジナルをやっていないので、ストーリーもとても楽しみです!

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。