ダイス🎲ブログ

『仁王2』クリア後レビュー ~ 道中が難しく、ボスは簡単 ~

こんばんは~!

3月12日に発売された『仁王2』を、やっとこさクリアしました~。

ということで、今回は仁王2のクリア後の感想を書いていきます!

↓桜が本当に綺麗✨

 

クリア時間:39時間42分
落命回数:210
ラストダンジョンクリアレベル:115(推奨レベル114)
ミッション制覇率: 58.9 %

40時間ほどでクリアまで行きました。
メインクエストはソロ(義人塚なし)、サブクエストはマルチで行ってました。義人塚をソロでは使わなかったので、義人塚使用回数6というw

総評としては、
普通に楽しかった。

つまらないといったことは全く無く、40時間やっても全然楽しめました。
ただ、めちゃくちゃハマったかと言われると…『隻狼』や『ニーア』よりはハマらなかったかなぁという感じです。

断じてクソゲーでは無いが、神ゲーでも無いというレベル。
(あくまで自分の感想です)

 

何故かというと、タイトルでも書いているとおり「ボスが簡単」なんですよね。

自分が死にゲーに求めるのは【強ボスの攻略】なので、そこがイマイチだった今作は少し残念…。仁王のシステムを完璧に把握した中盤から終盤にかけてのボスは、大体1~3回のチャレンジで勝ててしまいます。

ラスボスもバフデバフ無しで、初見で勝ってしまったので拍子抜け…。第二形態あっても良かったんじゃ…?

 

 

 

しかしボスが簡単な代わりに、道中は難しいです。

雑魚敵が雑魚じゃないw

特になまはげ禍ツ武者
( ゚Д゚)お前ら強すぎ!!!!

他にも、スーパーアーマー持ちがたくさんいたり、大砲を遠くからずっと撃ってきたり、戦うステージが狭くて落下したり、死ぬ要素がたくさんあります…。

(割とマジで落命の3割くらい落下死だと思う…。)

 

かと言って、道中の難しさは理不尽なものではない(道ずれ落下を除く)ので、普通に面白いです。

( ゚Д゚)道ずれ落下だけは許さねぇ

 

なので、

『仁王2』 ボス戦で死にまくる死にゲー

ではなく、

『仁王2』= アクションRPGの「難易度:難しい」

というのが、最終的な感想。
決してボスがメインな訳ではなく、その道中の攻略もメインであるゲームです。『隻狼』は逆に「道中攻略はサブ、メインは中ボス・ボス」というゲームだったので、『隻狼』のような死にゲーを期待していた人は、自分のように拍子抜けしたんじゃないかなと思いました。

 

ゲーム難易度についてはここら辺にして、ストーリーについて。
(ネタバレ含みます)

めちゃくちゃ良かったです!!!

特に、ラスボス戦で藤吉郎が手助けしてくれるところで泣きそうになりました…。
やっぱり「二人で秀吉」だよなぁ…泣

演者の棒読み感は拭い切れませんでしたが、波留が可愛かったのでヨシ!

 

 

ということで、感想は以上になります。

「ボスとの戦闘がメインではない」と割り切れば結構楽しかったです!ラスボスだけは、もうちょい強くあって欲しかったですが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。