ダイス🎲ブログ

『Ghost of Tsushima』ゲームプレイ映像が公開! 映像の解説と感想。

こんばんは~。

 

今年発売のゲームの中で、大注目されている
『Ghost of Tsushima』

そのゲームプレイ映像が本日5月15日、遂に公開されました~!!!

 

今まで、5分ほどのトレイラーしか公開されていなかったので、このゲームプレイ映像公開は盛り上がりましたね!

 

ということで、今回は
ゲームプレイ映像から分かることをまとめたり、映像の感想を書いていこうと思います。

『Ghost of TSUSHIMA』とは

武士の道から外れた境井 仁(さかい じん)が、冥府から蘇った「冥人(くろうど)」となり、対馬を敵の手から解き放つ。 期待のオープンワールド時代劇アクションアドベンチャー。

・2020年7月17日発売予定のPS4ソフト

・開発:Sucker Punch Productions

・ジャンル:アドベンチャー/アクション

・販売価格:通常版⇒6,900円+税

      特別版⇒7,900円+税

映像の感想や解説

グラフィック

  

とにかく映像が綺麗。
ゲームプレイ中の映像が、他のゲームでのムービーレベルで綺麗です。

グラフィックが細かく綺麗で、光の入り具合や反射も作り込まれているので、本当に実写かと見間違えるほど…。

 

このグラフィックのまま、主人公を動かせて遊ぶことが出来るのか。

(*´▽`*) ワクワクしますね!!!

特に、馬に乗りたいです!
あの疾走感めちゃくちゃ気持ちよさそう。

探索パート

『Ghost of Tshushima』はオープンワールドのゲームです。

↓序盤で、「風」を使って目的地を目指していました。

このアイデア面白いですね!
the 風流 みたいな感じで好きですよ!

確かに「よく分からないバーチャルな目印」とかだったら、世界観が壊れますもんね(笑)

 

↓街(?)に到着。

 

↓サブクエや、探索ポイントには「鳥」が連れて行ってくれるみたいです。

 

↓建物の中にはレアアイテムが。

 

↓狐を追っていくと、ファストトラベルのポイントへ導いてくれる。

グラフィックが綺麗なので、探索が面白そう!!

アイテムを拾うのも馬に乗りながら出来るので、ノンストレスで探索出来そうですね。

 

”移動中に敵に会う” ということは無いのかな?

『Horizon』のように、急に強敵が現れるのは止めて欲しい(笑)

戦闘システム

『Ghost Of Tsushima』の戦闘システムは主に2つ。

・STAND OFF状態で一撃必殺アクション
・普通の三人称視点アクション

動画では、十字ボタンの上を押すことでSTAND OFF状態に入ってましたね。

 

・一撃必殺アクション

「お互い見合った状態での真剣勝負」って感じでとてもカッコイイですね!!

戦闘の魅せ方も素晴らしく、とても気持ちよさそう。

 

システムや操作方法は良く分かりませんでした…。
まぁ、ゲームが発売してからのお楽しみということで!

動画では、相手が攻撃したタイミングで刀を抜いていましたが、こっちが先に攻撃しても良いのかが気になりますね

 

・STAND OFF以外のアクションパート

正直、以前に公開されたトレイラーを見た時は、「戦闘はパッとしないなぁ」と思っていたんですが、

全くそんなことありませんでした!!!

 

ジャスト回避・パリィ・連撃・崩し etc…
めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!

一つ一つのモーションもカッコよく、早く自分で操作してみたくなりました。

 

敵が倒れるモーションも作り込まれていますね。

ゆっくり膝から崩れ落ちていき、力尽きた感が凄い…。

 

忍具みたいなのもいくつか登場していました。

・石ころ
・爆竹
・煙玉
・クナイ
映像に出てきたのはこの4つですね。

クナイがめっちゃ強くてビックリしました(笑)
「複数人に攻撃出来る」かつ「一撃必殺」というぶっ壊れ武器でしたね。

 

・ステルス

”ゴースト”と呼ばれるだけあって、もちろんステルスシステムもありました!

 ↓『隻狼』の背後忍殺のようなバックスタブ

 

背後忍殺に加えて、今作では
 「チェイン忍殺」があります!

上から忍殺をする際に、近くに別の敵がいると「Chain Assanssinate」が選択でき、一気に二人を倒すことが出来ます。

 

ステルスシステムが『隻狼』に似ていて楽しそうですね!

チェイン忍殺早くやりたい(笑)

 

 

他に映像見て分かった戦闘システムは、

・敵の矢は刀で弾ける
・敵が主人公に怯えて、楽に倒せることもある
・おそらく、上段・中段などの構えを変えられる
・弓攻撃はヘッドショット一撃で倒せる

こんな感じですかね。

構えの仕様が気になります。
流石に、『仁王』みたいに忙しく変えるものではないとは思いますが(笑)

防具や見た目のカスタマイズ

作成するのか、拾うのかは分かりませんが、
各防具には性能差があり、プレイスタイルによって最適な装備が変わっていきます。

正直、ここはやってみないと分からないところですね。

 

また、防具のカラーリングの変更の方法が特殊で

「フィールドに落ちている花を集めて、その花で染色する」

というやり方らしいです。

 

↓黄色の花

↓青の花

システム的には面白いんですが、色を変えたいというときに花を探さなければいけないのは面倒くさそう(笑)

フォトモード

今作のフォトモード凄いですね!

フィルターや表情の変更、光の調整などの機能はもちろん、
風を起こしたり音楽を付けたりも出来るなんて!!

早く触りたいな~~!!

SAMURAI CINEMA

ゲームをモノクロでプレイ出来るモード。

( ゚Д゚) これカッコよすぎ。。。。
まさに「漢のロマン」✨✨

 

このSAMURAI CINEMAは、
『Ghost Of Tsushima』でしか得られない体験だと思います。

カラーとモノクロ、二周やる必要がありますね(笑)

 

 

 

ということで、今回は以上になります。

 

今回の映像が出るまでは
「グラフィック綺麗だけどそれ以外は…」
と思っていたんですが、今回の映像でひっくり返りました。

( ゚Д゚) 絶対面白いやん!

「和風アサクリ」とも言われていましたね!

 

7月17日が待ち遠しいです。。。

 

それでは、お疲れ様でしたー!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓更新した際に、メールを受け取ることが出来る読者登録はコチラ

読者登録・解除ページ

↓ブログ村に参加しています。良ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。